NEWS


ニュース

2019年02月13日
individual consumer

OUR MEMBER 3

先週は都内でも雪が降り、まだまだ厳しい寒さが続いておりますが、いかがお過ごしですか。

本日は、いつもこのブログにお越し下さる皆様方に、弊社一のムードメーカー戸川亮佑のご紹介をさせて頂きます!

どうぞ、最後までお楽しみ下さいませ!!

IMG_9598

戸川亮佑 Ryosuke Togawa
1992年生まれ 北海道出身
入社歴2年

 

前職では何をされていましたか?

リサイクル業界で営業をしておりました。

お客様から必要の無くなった家具や家電、洋服などブランド品からそうでないものまで買い取りや無料回収をさせて頂き、それらをカンボジアやフィリピンといった国に送る仕事です。

 

なぜリサイクル業界だったのですか?

実は、リサイクル業界に拾われたのです。

その前は某大手通信企業で働いていました。仕事の成績も良く、20代前半で昇格という異例の抜擢をして頂いたのですが、それをおもしろくないと思う方々もおり、高圧的な態度を取られたりと人間関係が悪化し、今までのように伸び伸びと仕事が出来なくなってしまったのです。そしてそれが理由で会社を退職。

そんな時に友人がリサイクル会社の社長と繋げてくれました。

最初は、ボランティアで海外に商品を送るまでの梱包作業を住み込みで手伝って欲しいと言われました。

無給でしたが、自分の知らない土地で暮らしている、恵まれない人達のためになる仕事ならば力になりたいと思い、手伝う事にしたんです。

そして久しぶりに伸び伸びと、生き生きと仕事が出来ており、そんな自分を側で見てくれていた社長に「正社員として働かないか?」とお声をかけて頂き、その場で即決をしました。

 

素敵なご縁ですね。リサイクル業の営業では、どんな事を感じながら働いていましたか?

平日の日中にご自宅に伺うため、ご年配のお客様が多かったのですが、話を聞いていると、高価な物を安く売られていたり、詐欺にあったり、騙されている方が多かったんです。

だから「自分は絶対に人を騙さない」という使命感を持って働いていました。

そしてもう一つ。今でこそ日本ではあまり見かけなくなったブラウン管テレビですが、発展途上国では一般的に利用されているんです。一度は必要のないと思われた品物ですが、とある国では全く無駄になっていないという事に気付き、そこにやりがいを感じていました。

 

リサイクル業界だからこそ学んだことは?

「物の価値」です。

老後になると物の価値が失われます。例えば掛け時計。当時は奮発をして30万で購入したお気に入りの時計だったのに、今はいらない…というように、人の価値観は薄れていきます。

自分は物を大切にしたい。自分の中で物の価値をしっかりと見いだしてから購入するという大切な考え方を学びました。

 

保険業界へ転職したきっかけを教えてください。

2年前の正月休みに親友とすしざんまいで食事をしていた時の話なのですが、親友が「保険に入ったから、お前も入った方が良いよ。」と唐突に言ってきたんです。その時はすぐに断ったんですけど、その後に親孝行はしているか?という話になり、「保険って最大の親孝行らしいよ。」と言われたんです。その言葉は、当時親孝行を何も出来ていなかった自分の心に強く残り、後日話を聞く事にしたんです。

当時の自分にとって保険の話は難しく、内容をあまり理解出来ませんでしたが「親孝行をしたい」という想いと、「プロに任せれば大丈夫」という信用で保険に加入しました。

そしてその時に、

自分は一生このままで良いのか?

一生今の仕事を続けていくのか?

自分も何か1つプロになりたい!

自分を変えなきゃいけない!!

という気持ちが芽生え、当時の担当者からお声をかけて頂いた時に、これもご縁で何か意味がある、これが最後の転職と決意して保険業界に足を踏み入れました。

 

入社当初と現在では気持ちの変化はありますか?

プロってそんなに簡単じゃない。

保険業は底が知れない。

すごい世界に来てしまった。。と感じています(笑い)

 

なぜ底が知れないと思うのですか?

一人一人考え方や置かれている状況が全く違うため、ゴールがないからです。

今までの仕事はコミュニケーションだけでやってこれました。いかに人に喜んでもらえるかだけで、商品の魅力があれば何も問題はありませんでした。

そして入社当初は加入してもらうまでがゴールだと思っていたんです。

ですが、この仕事と真剣に向き合った時に、保険は加入してからが大事で、保険はただ商品を売るだけの仕事ではないという事に気付きました。

 

今後、どのような営業マン・担当者で在りたいですか?

僕は、かつての自分のように担当者に全て任せきりになるのは良くないと考えています。弊社は総合代理店なので、商品では負けない。けれど本当にその人に合った保険かどうかは、聞く力にあります。

目の前の人の本当の想いを真剣に聞いていけるような、この人だったら話してもいいなと思って頂ける担当者でいたいです。

 

最後にどういった人間へと成長していきたいですか?

決して驕らず、弊社の方針である「保険業界を変える」という使命感を持ち、この不安不満が溢れている保険業界に安心を届けたい。

その一員でありたいです。

 

 

IMG_9619

Personal data

趣味      音楽

好きな音楽   サザンオールスターズ

好きな場所   北海道

好きなスポーツ 野球、サッカー、卓球、バレー、動くの大好き!(^^)/

好きな食べ物  ソーセージ

好きな言葉   愛されたいなら、まず自分から愛せ

 

(インタビュアー 亀谷志奈子)

CONTACT


お問い合わせ

ご依頼やご相談、サービスについてのご質問やご要望がございましたら、
下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。